Shopping Cart

Your cart is empty

Continue Shopping

Reproduction and reproduction specializing in Western paintings in the museum collection

フィレンツェ発、
「ArteChiara、アルテ ・ キアラ」とは

アムステルダム国立美術館門外不出のレンブラント « 夜警 »
フィレンツェ・ウフィツィ美術館
「Arte =芸術、技術」にもっと「Chiara =輝き、きらめき」を、との願いを込めた、日本で唯一の 復恍画を取り扱うサービスです。 復恍画とは、収蔵先のライセンスを得たオリジナル作品のデジタルアーカイブデータを、イタリアの絵画再生における熟練技術者が再生技術を駆使し、1点1点手作業で筆遣いなどの細部にまでこだわって仕上げられる技法による絵画で、この技法は、ウフィツィ美術館をはじめとするイタリアの公立美術 館特別監督局*のデジタルアーカイブ構築に長年携わった技術者が、美術館の門外不出の指定作品であっても、原画から受ける感動をもたらしたいと考案され、特許を取得するにまで至っています。 このようにな技法で生まれた絵画は、まさに再び生を受け、オリジナル作品が持つ輝きを限りなくよみ がえらせ、画家の想いまでもが心に響いてくる、生きた芸術となります。

*Polo Museale Fiorentino=ウフィツィ美術館やピッティ宮殿を管轄するフィレンツェ公立美術館特別監督局

美術館の高精細さが求められるデジタル・アーカイブ技術から取得されたデジタル データと、熟練のイタリア職人の手仕事の技の融合が、アルテ ・ キアラの復恍画には活かされています。美術館が保有する所蔵作品と直に接してきた研究成果 と超高精細デジタルアーカイブにより、肉眼には見えない細部までも捉えた再現性と熟練の手仕事による職人技術が、これまでの複製画を遥かに超える高い品 質を生み出し、原画と見間違うばかりの存在感を放ちます。
復恍画の高い品質は、バチカン美術館で認められ、バチカン美術館所蔵作品の 複製に至り唯一バチカン美術館公式ロゴの使用が許可されています。
バチカン美術館所蔵「聖母子像」の復恍画と裏面